−行政書士とは−  離婚・人生相談・お悩み相談はVIDAに今すぐメール!

 

行政書士とは?

 行政書士とは?

 行政書士の業務とは、企業・個人と行政(官公署)とのパイプ役として、
また、日常生活で発生する法律・行政手続きの総合コンサルタントとして、社会的役割の大きい国家資格なのです。

書類の作成 依頼を受けて、官公署に提出する書類を作成します。
(1)官公署に提出する書類作成
 @建設・宅地建設に関する書類(建設業許可申請書、宅地建物取引業許可申請書など)
 A法人設立申請書(株式、合同、合名、合資会社などの設立申請書、その他の法人設立書類)
 B戸籍に関する書類(帰化申請書、婚姻届、出生届、認知届、養子縁組届など)
 C自動車および運転免許に関する書類(自動車の新規登録申請書、自動車保管場所証明書など)
 D各業種の開設に関する書類(飲食店、旅行業、浴場業、古物商、質屋、風俗営業などの許可申請書)

(2)権利義務に関する書類の作成
 賃貸借契約、遺言状、遺産分割協議書、各種の示談書・契約書など
(3)事実証明に関する書類の作成
 内容証明、記帳(金銭出納簿など)財務諸表など
(4)実地調査に基づく図面類の作成
 車庫証明に必要な駐車場の図面など

書類の提出手続き代行 行政書士が作成できる書類を官公署に提出する手続きを代行します。

書類の作成相談 行政書士が作成できる書類の作成・手続きについて、相談に応じます。

※行政書士には守秘義務があります。安心してご相談ください。

Copyright2010 (C)VIDA 登録番号100441903|お問い合わせ